FC2ブログ





浪人時代、夢にまで見た大学生活。

一年間余分な時間があったからなのか、大学生活を生かすも殺すも自分次第だということは気付いてました。大学時代を有意義に過ごすために、浪人はかなり有効な手段だったのかもしれません。

第一志望は理工学部の物理でしたが、センター試験で大きくつまづき、断念(国語200点中91点!)。

もともと教育には興味があったので、合格の可能性がある教育学部で学ぶことを選びました。そこは教員免許を取らなくても卒業できるコースでしたので、教員志望ではない僕にはぴったりでした。


199a4bb46a4ea67aa6ee4a1a527b5c7c_s.jpg

期待に胸を膨らませて入った教育学部でしたが、周りにいるのはまじめちゃん達。お行儀が良くて、先生の言うことがすべて正義だと考えてきたような人間。

僕の通った大学はいわゆる”偏差値”は高いほうです。しかし、そこにいた学生は「これから新しい教育をつくっていく!」といった野心に燃えているような人ではなくて、今までの自分が受けてきた教育に洗脳されているやつらだったのです。

その人たちになんで先生を目指しているの??
と聞いてみると、一番多い答えはこれ

親が先生だから(もしくは公務員)

5割はこれです。次に多いのは

学生時代に自分が憧れた人が先生だったから。


学生時代に関わる大人なんて先生ぐらいしかいません。それなのにその狭い視野で、憧れたという理由だけで先生になるのです。

その次が「なんとなく」とか「安定しているから」
とかなのです・・・。

友達追加でプレゼントがもらえる!

LINEat

世界を旅する会社員!
ブロガー、YouTuber、投資家、
サーバーエンジニアとして活躍中!
友達追加してプレゼントをGET!
無料相談も受付中!
LINE@で何を配信してるの??


スポンサーリンク


ゾッとしませんか??

もしあなたがゾッとしなかったら、今日はこれを読んでゾッとできる人間になってほしいのです。

今まで一生懸命視野を広げるために勉強して受験して、仮にも学力が高く優秀とされていた人たちが一番視野の狭い理由で先生を目指している。または、優秀でないから安定だけを求めて先生を目指している。

僕はそういった人は教員には絶対にならないでほしい。

ここでいう優秀ではないというのは偏差値や学力のことではありません。自分を成長させようとする気がない人、能力を生かそうとしない人が優秀でない人です。


教育は最大の投資です。教員が優秀でないと、優秀な人間は育ちません。質の低い教育のせいで、本来最も学びの楽しさを伝えなければいけない機関のはずの学校が、一番学びをつまらなくさせているような気がしてならないのです。


もし、今あなたが教員を目指しているのならもう一度考えてほしい。

あなたが実現したいことは何なのか、あなたが教員になって社会は良くなるのか?

教員を目指す人は、今までの教育に疑問を持っていた人になってもらいたい。

「今まで自分が受けてきた教育が好きだから教育者になる!!」

ではなく、

「今までの教育はおかしい!もっと効率よく子供を成長させる方法があるからそれを実現したい!」

こう思っている人に教員になってもらいたいのです。


教育の問題は山積みです。教員の忙しさ、授業の質、給与、待機児童、少子高齢化、受験戦争、偏差値教育、モンスターペアレント、いじめ、体罰、学歴社会、学力低下などなど。


今までの教育に疑問を持っていた人でなければ、教育の問題を解決していく力はないはずです。

もう一度、いや何度も自分に問いただしてみてほしい。

あなたは教員になって、社会を良い方向に進ませることができますか?

教員を目指さなかった僕なので、就活というものにも取り組んできました。教育業界も視野に入れて、何社か選考を受けていました。

そこで出会った先輩社員や就活生達・・・。

魅力がない。

この言葉に尽きる。

教科書会社は教科書検定のいいなりだし、就活生の志望動機も子供が好きだからとかそんな感じ。そんな気持ちで教育に携わろうとするなよ。


もっと子供を成長させたい!もっといい教材を作りたい!

そう思っている人はほとんどいませんでした。自分が受けてきた教育に酔いしれて、御社の教育対する考え方に陶酔して教育に携わろうとする脳なしのアホ達。


僕の就活体験記の詳細は関連記事からどうぞ

関連記事
【就活失敗】100社受けて内定イチのぼくはサラリーマンで生きていく



今までの教育に疑問を持てないようなクズは教育業界から今すぐに立ち去ってほしいし、携わろうともしてはいけない。はっきり言って向いていない。


確かに自分が受けてきた教育を批判することってものすごく勇気のいることだと思います。自分を大きく否定することと直結していますからね。


でも僕は黒板に文字を書いてそれをノートに写していく世界史の授業が最良だなんて到底思えないし、実験のない理科が素晴らしいだなんて口が裂けても言えない。


教育現場はとても保守的です。変えることが悪になってしまう。本当に一斉授業でいいの?その宿題って必要?行進、組体操って意味あるの?


疑問を持ちながら、変革をし続けることができる人こそが教員にふさわしいのだと僕は思います!


言いたいことも言えたので。


ではまた!


▼ミルさんのSNS
Twitter:ついったー
LINE:らいん
YouTube:ゆーちゅーぶ

スポンサーリンク

シェアする




プロフィール

友だち追加

1993年生まれのIT会社員。サーバーエンジニアとして活躍中。
趣味は読書と海外一人旅。
ブログの内容は主に書評と旅行記です。教育系や経済系の話題などについても書いています。

・プロフィールの詳細はこちら
・運営方針についてはこちら
・お問い合わせはツイッターのDMで。


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
純広告
自己紹介

ミル

Author:ミル
友だち追加

ブログの内容は主に書評と旅行記です。

その他にも教育、IT、ゼルダの伝説などについて書いています。


1993年生まれのIT会社員。

サーバーエンジニアとして活躍中。

趣味は読書と海外一人旅。

・プロフィールの詳細はこちら

・運営方針についてはこちら

・お問い合わせはツイッターのDMから!



こちらアシスタントのミリナちゃん。

身長わずか12cm。

マイブームは謎かけ!

・ミリナちゃんの自己紹介はこちら

・デザイナーさんはこちら

フォローする

友達追加でプレゼントがもらえる! LINEat
書籍関連




月別アーカイブ
旅に行く!
今日のツイート

スポンサーリンク
YouTubeでも絶賛活躍中!