FC2ブログ





リトアニアってどこ??



リトアニアはバルト三国と呼ばれる国の一つで、北欧に位置するよ!

バルト三国って何??



バルト海に面するエストニアラトビアリトアニアの三国をまとめてバルト三国と言うよー。

北欧の国リトアニア、リスが大好きリスマニア。こんにちは!ミルです。

さてさて、久々の旅行記でございます。楽しみにしていましたよね??

今回行ってきましたのは、バルト三国で御座います。

この記事はその第一弾、リトアニアです。今回の旅路はリトアニア→ラトビア→エストニアというルートで御座いやす。

ちなみに、このバルト三国の並び順が非常に覚えにくいので、簡単な覚え方を伝授しますね。

北のフィンランドから含めて、フェラーリです。

バルト三国

??

フェラーリ。

ィンランド
ストニア
トビア
トアニア

はい。もう一発で覚えられますよね笑


この記事の目次




リトアニアの歴史


まずはリトアニアってどんな国なのよ?



リトアニアは人口325万人の小さい国。
歴史は割と悲惨です。。。

リトアニアは小国です。

街も小さいし、人も少ない。

まあ、日本と比べてしまえば、どの国も小さいんですけどね笑

世界中どこに行っても、JAPAN、TOKYOを知らない人はいないし、みんなが「憧れの街」っていうぐらいの場所ですからね。

そこと比べれば小さいですが、一応EUにも加盟していますし、ユーロも使える立派なヨーロッパの国の一つです。

歴史は悲惨で、ロシアに占領されていたり、独立したかと思ったらドイツが攻め込んできたりと。。。

あ、あと、バルト三国は美人の多さで有名です。



ビリニュスのおすすめ


ビリニュスはリトアニアの首都だね。



そう!国際空港も街からすごい近いよ!観光地の旧市街まではタクシーで20ユーロぐらいでいけるよ!

ビリニュスでおすすめなのは何と言っても旧市街!

旧市街はとても狭いから簡単に歩いて回ることもできます。

僕が実際に訪れた場所を挙げていきます。
・KGBジェノサイド博物館
・St. Anne’s Church
・夜明けの門
・その他旧市街のいろんなやつ。。。


この中でおすすめなのはSt. Anne’s Churchです。聖アンネ教会。


なぜかっていうと、この教会の見た目が一番綺麗だからです。それだけ。

ちなみにこの聖アンネ教会は、ゴシック建築の最高傑作とも言われているそうで、あのナポレオンが1800年代に訪れ「フランスに持ち帰りたい」と言ったらしいです。

僕も思わず、「日本に持ち帰りたい」と言ってしまったほどです。


こちらKGBジェノサイド博物館。


入場料が5ユーロ。しかも現金のみでイラついた。。。

ナチスドイツが収容所として使っていた本物の場所です。

さらに、ソ連の秘密警察KGBが約50年間に本部として使っていた建物をそのまま利用しています。


夜明けの門と旧市街の街並み


やっぱり、きれいですねー。

治安もよくて物価も安いです!!

友達追加でプレゼントがもらえる!

LINEat

世界を旅する会社員!
ブロガー、YouTuber、投資家、
サーバーエンジニアとして活躍中!
友達追加してプレゼントをGET!
無料相談も受付中!
LINE@で何を配信してるの??


スポンサーリンク


カウナスのおすすめ


カウナスとは。。。



カウナスはリトアニアで二番目の都市。都市というか町かな笑

カウナスは「命のビザ」で有名な土地です。

命のビザとは、ナチスドイツがホロコーストを行なっている際に亡命してきた人たちに対して、大量の通過査証(ビザ)を発行しまくったと言う話です。


そのビザを発行しまくった人は、杉原千畝という日本人でした。母国日本とドイツに背いて、ひとりの人間として、大量の人間の命を救ったと言う出来事です。

詳しくはコチラ
杉原千畝って知ってる?日本人が知らない日本人の有名人

その土地がここ、リトアニアのカウナスというところです。

だから、僕は行きたかったのです!

町は小さくてしょぼいし、実際にはビザを発行していた場所は今は博物館となっているけど、これも小さくてしょぼいししょぼかった笑。

杉原さんが実際に止まっていたホテルに宿泊することが今でも出来るので、僕もその同じホテルに滞在しました。


価格はびっくりするぐらい安く、一泊26€(約3000円ぐらい)

ホテルの入り口には彼を記念したプレートみたいなのがあったり、それを見にくるツアー観光客みたいな人たちもいました。


ナチスホロコースト系の他記事はこちら
これが死!これが現実!アウシュヴィッツ強制収容所を観光した感想・レポート【写真あり】
アンネの隠れ家に行こう!アムステルダムのアンネフランクの家の行き方・予約の方法
極限状態で人はどうなるのか?強制収容所を心理学で分析した
普通の女の子の異常な日常を日記につづるとこうなった【アンネの日記】



リトアニアの文化


リトアニアにはどんな印象を持った?



安くて、田舎。そして親日。

バルト三国の中では一番物価が安いです。

田舎ゆえに安い。見る場所も一日あれば見て回れます。クラブやバーなどのナイトライフ系の遊び場も少ないイメージですね。

でも僕は、リトアニアはバルト三国の中で一番好きな国です。

なぜかというと、親日の人が圧倒的に多いから。

これはSugiharaというひとりの偉人がいただけで、ぼくは何もしてないのに「日本から来た」というだけで、相手の態度が変わるんですよね。

これってすごく素晴らしいことじゃないですか??

バーで女の子をナンパするときも「日本から来た」と言うと目を輝かせます!これがマジなんです!

日本人が一番モテる国なんじゃないかと思うぐらい、リトアニア人は親日の人が多かったです。



まとめ



リトアニア。実は今年もう一回行こうと思っています。それぐらいハマりましたね。。。

物価や、女性については違う記事で書こうと思うので、ご期待ください!!

ではまた!


リトアニアと掛けまして、プロレス団体と解く



お、その心は?

どちらも親日(新日)です。



お後がよろしいようで。

▼ミルさんのSNS
Twitter:ついったー
LINE:らいん
YouTube:ゆーちゅーぶ

スポンサーリンク

シェアする




プロフィール

友だち追加

1993年生まれのIT会社員。サーバーエンジニアとして活躍中。
趣味は読書と海外一人旅。
ブログの内容は主に書評と旅行記です。教育系や経済系の話題などについても書いています。

・プロフィールの詳細はこちら
・運営方針についてはこちら
・お問い合わせはツイッターのDMで。


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
純広告
自己紹介

ミル

Author:ミル
友だち追加

ブログの内容は主に書評と旅行記です。

その他にも教育、IT、ゼルダの伝説などについて書いています。


1993年生まれのIT会社員。

サーバーエンジニアとして活躍中。

趣味は読書と海外一人旅。

・プロフィールの詳細はこちら

・運営方針についてはこちら

・お問い合わせはツイッターのDMから!



こちらアシスタントのミリナちゃん。

身長わずか12cm。

マイブームは謎かけ!

・ミリナちゃんの自己紹介はこちら

・デザイナーさんはこちら

フォローする

友達追加でプレゼントがもらえる! LINEat
書籍関連




月別アーカイブ
旅に行く!
今日のツイート

スポンサーリンク
YouTubeでも絶賛活躍中!