FC2ブログ





前回のカイロからアスワンへの夜行列車での行き方はこちらから!
カイロからアスワンへの夜行列車での行き方



今日はエジプト博物館に行く!

嫌なことは重なるとメンタルがやられる。

こんにちは!海外一人旅大好きミル(@bookpluscompass)です。

カイロに大きな博物館は現在二つあります。一つが市内にあるもの。もう一つがギザのピラミッド近くにあるもの。ギザの方は移設先になる予定らしくまだ建設中のようでした。

でも僕はそのことを知りませんでした。。

ウェブの情報では新博物館も営業中と書いてあるし、なんならもうすでに主要な展示物は移済みというブログもあった。両方行くのも嫌だったので、新設された方へタクシーで行くことに決めた。

値段交渉の末50ポンドで。

しかしこれがトラブルの始まりでした。


ドライバーは博物館を優に通り過ぎ、なんもないところでついた、とかほざき始めやがる。

笑うしかない笑

僕「回り込んでもう一回入り口まで行け!」

しぶしぶドライバーも運転を再開する。しかしなんと行き止まりに当たる。。。

タクシー「ついた、ここだ。」


僕「(殺意。。。)」

英語も全然通じない。

実際カイロは通行止めが多いです。

僕「ここでおろすなら金は払わん。0ポンドだ。」
タクシー「フザケンナ。まだ運転するならもっと金を取るぞ。」


キレそう。。。一度降りる。

通行止めの場所にいた警察的な人に車ではなく歩いて通行できるか尋ねてみる。。

通れないという。。

僕「とにかく戻れ」

しばらく口論を続けてようやく折れた。

今度は俺がナビをした。

僕が責任をもってナビしていたので順調。

かと思ったらまた行き止まり。

なんなんだこの国は。

行き止まりしかない。

地球は丸いから行き止まりなんてないと思っていたのに、聞いていた話と全然違うじゃないか。フザケンナ!!

もう降りる。でも50は払わない。45だ。40だったかも。

そういって金を払い、逃げるように出て行った。

ここからだよ。

ここからもっと悲惨な目にあう。

歩いて行けると思っていた博物館も目の前に着いたら営業していないことに気づく。

メトロとかは歩いて行ける距離にないし。もう一回タクシーを捕まえるしかないんだけど、全然この辺に通ってない。何もない場所で勢いでタクシーから降りちゃったから。

いい感じの道で待ってタクシーを止めようとするも、いい感じの道まで全然行けない。


困った。困った。暑い暑い。イライライライラ。

もうだめだと思いながら適当に歩いて進むしかない。

すると車から声をかけられる。

「乗るか??」

来た!!タクシーだ!!でも場所も悪いし、またクソみたいな思い出になる予感しかしない。

でもそいつはタクシーじゃないと言う。

??

いよいよやばいやつか??

友達追加でプレゼントがもらえる!

LINEat

世界を旅する会社員!
ブロガー、YouTuber、投資家、
サーバーエンジニアとして活躍中!
友達追加してプレゼントをGET!
無料相談も受付中!
LINE@で何を配信してるの??


スポンサーリンク


でも頭は何も考える余裕がない。
足もめちゃくちゃ疲れてる。

もう乗るしかない。乗りかかってもいない船だが、もう乗るしかない。ほかに選択肢はない。

助手席に転がり込むようにのった。とりあえずメトロに連れて行ってくれ。

得体の知れない謎の男。

何をされるのかもわかんない。やばいところに連れてかれたらそれこそ終わり。

安堵の後はどんどん不安が襲ってきた。

常にグーグルマップを開きながら、変なところへ行かないかチェックをしていました。

結局その人はとんでもない、ただのいい人でした。Maadiというメトロまで連れて行ってくれた。

この恩はマジで忘れん。死ぬほど助かった!

必ずカイロにまた戻るから、飯でも家でも車でもなんでも奢らせてくれ。

幸いFacebookとWhatsAppで友達になれたのでとにかく恩返しをしよう。

メトロでSadatに到着。ここに本当のカイロ博物館がある。ツタンカーメンがある場所です。

博物館はダリルスクエアにあります。


余裕で宿から歩ける距離じゃねぇか。。

カイロ博物館内

博物館は楽しかった。といっても興味があったのは黄金マスクのツタンカーメンとミイラだけ。

これらは本当に素晴らしかった。ツタンカーメンは非常に精密な装飾が施されていて、どこを見ても作り込みが細かく美しかった。

写真は撮ってはいけないの、お土産屋のレプリカ。
ツタンカーメンお土産

こちらはツタンカーメン室への入り口です。
ツタンカーメンの黄金マスクへの入り口

ミイラはよく見ると表情が一人一人全然違う。

歯の形、目も鼻もぜんぜんちがう。笑ってるのもあれば辛そうな顔もある。

年齢も20とか40とかいろいろ。肌の色とかも違う。一生使わないであろうmummificationという単語を調べた時は笑った。

ちなみに意味は「ミイラ化」。

無造作に展示品が並べられている
無造作に展示品が並べられている

展示品の壁画
展示品壁画

一旦宿に戻って小休止でやんす。

昨日買った電車のチケット片手に駅へと向かう。

そして電車に乗る。アラビア数字が難しいから端っこから1から順に数えて8番プラットフォームに到着。

同じ電車を待っていたイタリア人のフィリップとしばし談笑

電車はインドの電車ととても似てました。

カイロ駅は夜のライトアップがとても綺麗。
カイロ駅綺麗

カイロ駅のターミナル。
カイロ駅のターミナル
アラビア数字が難しいです笑

夜行列車です。

夜ご飯が出ました。パサパサ鶏。ごまとマヨネーズみたいなソースはうまかったな。

夜行列車飯

電車の中で旅行記をつけようと思ったけど揺れがなかなかすごくて諦めました。
そして連日の疲労からか、寝落ち。電車内はかなり寒いので備え付けの毛布をかぶって就寝。二段ベッドの個室だったので上の段で寝ました。

起きたのは朝6時ぐらい。

特にやることもなく景色を見ていました。景色はこれといって感動もなく。まさに普通そのもの。

農地が永遠繰り返された。

エターナル農場!!

次はアスワンからアブシンベル神殿へバスの予約方法です!
アスワンの子供たちとの不思議な出会い



▼ミルさんのSNS
Twitter:ついったー
LINE:らいん
YouTube:ゆーちゅーぶ

スポンサーリンク

シェアする




プロフィール

友だち追加

1993年生まれのIT会社員。サーバーエンジニアとして活躍中。
趣味は読書と海外一人旅。
ブログの内容は主に書評と旅行記です。教育系や経済系の話題などについても書いています。

・プロフィールの詳細はこちら
・運営方針についてはこちら
・お問い合わせはツイッターのDMで。


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
純広告
自己紹介

ミル

Author:ミル
友だち追加

ブログの内容は主に書評と旅行記です。

その他にも教育、IT、ゼルダの伝説などについて書いています。


1993年生まれのIT会社員。

サーバーエンジニアとして活躍中。

趣味は読書と海外一人旅。

・プロフィールの詳細はこちら

・運営方針についてはこちら

・お問い合わせはツイッターのDMから!



こちらアシスタントのミリナちゃん。

身長わずか12cm。

マイブームは謎かけ!

・ミリナちゃんの自己紹介はこちら

・デザイナーさんはこちら

フォローする

友達追加でプレゼントがもらえる! LINEat
書籍関連




月別アーカイブ
旅に行く!
今日のツイート

スポンサーリンク
YouTubeでも絶賛活躍中!